コラム

綾瀬はるかNHK「八重の桜」、内野聖陽TBS「とんび」が安定感

1月にスタートしたドラマは、早くも明暗を分けてきた。

そのなかで、安定した数字を示しているが、NHK大河ドラマ「八重の桜」(綾瀬はるか主演/日曜日午後8時〜)と、TBS系列日曜劇場「とんび」(内野聖陽主演/日曜日午後9時〜)だ。

「八重の桜」は初回(1月6日)21.4%(以下、視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)でスタート。第2話(13日)では18.8%に急落したが、その後は第3話(20日)=18.1%、第4話(27日)=18.0%と、3週連続で18%台を維持。大河ドラマはこの先、長いため、今後どう推移するかは分からないが、現状では安定した数字を保っている。

また、「とんび」は初回(13日)17.0%でスタート。第2話(20日)=16.1%、第3話(27日)=16.0%と、ほぼ上げ下げがなく安定。先週、人気ドラマ「相棒season11」(テレビ朝日系列=水谷豊主演/水曜日午後9時〜)の第13話(23日)は前週の19.4%から、一気に15.0%に急落。民放の連続ドラマでは、「とんび」が先週のトップだった。

続きは
http://news.livedoor.com/article/detail/7360766/

コラム

硬派からバラエティーへ 春の番組改編で民放の夜7時台

民放キー局の春のラインアップが出そろった。多くの局で平日の夜7時台が改編されたが、これまで同枠で放送されてきたニュースやドキュメンタリー番組は打ち切りや別枠への移動となり、一転してバラエティー志向になった。(三宅陽子)

 「NHKの牙城を崩せなかった。本来なら腰を据えて取り組むべきものだが、われわれを取り巻く経済状況から持ちこたえられないと判断した」

 TBSテレビの石原俊爾社長は2月の定例会見で、力を注いできた報道番組「総力報道!THE NEWS」の打ち切りについて、こう説明した。同番組は昨春、人気アナウンサーの小林麻耶らをキャスターに起用し、平日午後5時50分から2時間枠でスタート。NHKの「ニュース7」(午後7時)に対抗する番組として期待されたが、視聴率は低迷した。

 昨秋には放送開始を午後6時40分に繰り下げて番組時間を短縮。内容も見直すなどテコ入れを図ったが、昨年9月28日から12月27日までの番組平均視聴率は6・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだ。

 今春の改編では、夜7時台はバラエティー中心となる。月曜は、木曜午後7時55分から放送中の「関口宏の東京フレンドパークII」が、以前の時間帯に復帰。水曜午後7時55分からの「時短生活ガイドSHOW」も、7時からの放送開始に繰り上がる。火、木、金曜にはそれぞれ、新番組が投入される。

 テレビ朝日は、苦戦が続いていた「報道発 ドキュメンタリ宣言」(月曜午後7時)を土曜午後5時に移動する。「ゴールデンタイム(午後7〜10時)で視聴率が取れないと判断したわけではないが、視聴率が2けたを超えないテーマが多い現状では厳しい」と平城隆司編成制作局長。代わって、深夜の人気番組「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」が放送されるが、平城局長は「番組を継続しながらどうやったらゴールデンで多くの方に見てもらえるか練り直し、機会があればまたゴールデンに戻りたい」と再起にかけている。

 また日本テレビは、平日午後7時から放送中のバラエティー「SUPER SURPRISE」を火、木、金曜だけの放送に変える。代わりに月曜は「不可思議探偵団」、水曜には「密室謎解きバラエティ 脱出ゲームDERO!」のバラエティーを投入する。テレビ東京では、平日午後6時半から30分枠で放送中の人気子供番組「ピラメキーノ」が、金曜は午後7時からも「ピラメキーノG」として登場する。

 一方、こうした各局の動きに対して、平日午後7時台の変更を行わなかったのがフジテレビだ。同局ではすでにバラエティー番組中心で編成されており、中でも各局がこぞって改編に踏み切った月曜は、バラエティー番組「ネプリーグ」が常に視聴率20%台を維持している。

 さて、今春の改編で笑うのはどの局?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/371089/

平日は、仕事でみれない時間帯だけど・・・



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。