テレビ大好き人間・・・ > コラム > 綾瀬はるかNHK「八重の桜」、内野聖陽TBS「とんび」が安定感

コラム

綾瀬はるかNHK「八重の桜」、内野聖陽TBS「とんび」が安定感

1月にスタートしたドラマは、早くも明暗を分けてきた。

そのなかで、安定した数字を示しているが、NHK大河ドラマ「八重の桜」(綾瀬はるか主演/日曜日午後8時〜)と、TBS系列日曜劇場「とんび」(内野聖陽主演/日曜日午後9時〜)だ。

「八重の桜」は初回(1月6日)21.4%(以下、視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)でスタート。第2話(13日)では18.8%に急落したが、その後は第3話(20日)=18.1%、第4話(27日)=18.0%と、3週連続で18%台を維持。大河ドラマはこの先、長いため、今後どう推移するかは分からないが、現状では安定した数字を保っている。

また、「とんび」は初回(13日)17.0%でスタート。第2話(20日)=16.1%、第3話(27日)=16.0%と、ほぼ上げ下げがなく安定。先週、人気ドラマ「相棒season11」(テレビ朝日系列=水谷豊主演/水曜日午後9時〜)の第13話(23日)は前週の19.4%から、一気に15.0%に急落。民放の連続ドラマでは、「とんび」が先週のトップだった。

続きは
http://news.livedoor.com/article/detail/7360766/

<<西川女史、夫の“家出”激白!「帰ってきて」 | テレビ大好き人間・・・トップへ | 青木裕子アナ、ひなの&ガッキー事務所入り>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。